top of page
Search

Supporting with positive words and encouragements

「がんばれー」「そこだ!シュート」「ナイスプレー」「遅い!」「いいぞ、いいぞ!」「簡単に奪われるな」「持ちすぎるな」

子どもたちプレーするサッカーグラウンドには、大人たちのさまざまな言葉が飛び交います。

子どもたちの成長にとって、どんな言葉がプラスで、どんな言葉がマイナスなのでしょうか?

よって、少年サッカーの応援の基本は「ほめる」と「励ます」で十分です。

いいプレーがあれば「ナイス!」頑張って最後までボールを追った子には「ナイスファイト!」ミスした子には「ドンマイ!」バテそうな子には「頑張れ!」とか「もう少しだよ!」

それらの言葉を精一杯の拍手にのせて、子どもたちに贈ります。

負けてしまったら「次、頑張ろう!」と励まし、勝てたのなら「良かったね」でいいのです。

サッカーの経験者じゃないからとか、ルールをよく知らないからと遠慮することはありません。

頑張っている子どもたちをリスペクトする気持ちを持てば、口から出てくる言葉はおのずと選ばれるものです。

これからも子どもたちが楽しくいきいきとプレーできるようプラスの声かけをお願いします!



24 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page